アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「丹南藩」のブログ記事

みんなの「丹南藩」ブログ

タイトル 日 時
原時行について
原時行について  西村定中の遺物から多数の「短冊」が出てきました。  その内容は、西村家の先祖のもの、高木家の殿様のもの、幕末期の志士のものです。   特に幕末期の志士のものについては、わずかですが「裏書き」されているものもあり人物を探ることが出来ます。  また、名や雅号が入っているものもあり定中の交友関係を探る資料になると考えています。  しかしながら不勉強のため文字が読めず、和歌の内容はわかりません。  また、名や雅号から人物を調べていますが確実に断定することは出来ていない状況です。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/19 19:42
伊藤櫟堂について
伊藤櫟堂について  伊藤櫟堂(伊藤信行)は、伊藤晴雨の実弟であり西村定中の甥にあたる人物です。 家業である彫刻金工の業のかたわら民俗、考古、万葉の学もって野に遺賢在りと称されたといいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/19 19:26
伊藤晴雨について
伊藤晴雨について 昭和36年1月28日、伊藤晴雨は78年の生涯を閉じました。 生前晴雨は、「責め絵師」として一部の人の間で著名な存在で、反社会的な嗜好によりアウトローとして評価された人物でした。  このブログで伊藤晴雨を取り上げるのは、晴雨の実母が西村定中の妹乕(とら)であったことによります。  乕は、安政2年河内国丹南藩家老西村駒平定保の次女として生まれました。兄定中とは9才年下の妹となります。父定保は、万延元年に死去し、兄定中が跡目を相続いたしました。当時の西村家には、実母の壽目、叔母の菊、姉の千勢... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 39

2012/04/22 00:42
西村定中の遺物の整理をしています。
西村定中の遺物の整理をしています。 我が家に先祖の遺物が少し残っています。 主に西村定中が残したもので江戸後期から幕末のものが中心です。 学術的な調査はしたことがなく、私自身も若い時はそれほど興味がなかったこともあり、手つかずでした。ブログを始めた切っ掛けでもある「我が家の歴史」を子供たちに残すためにも、きちんと整理することが必要と思い少しづつ始めております。 ブログ上に.公開し、皆さんの知恵をお借りできればと思います。 今回、公開したものは、河内国丹南藩高木家10代高木正剛公(安永2年2月23日(1773年3月15日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/31 23:29
最後の志士 西村定中
最後の志士 西村定中  幕末の動乱期、勤王の志士として活動し、明治維新後は柔術家として市井に棲みひっそりと去った人物がいます。 彼の名は、西村定中伴久敬。 弘化3年(1848年)河内国丹南藩高木家の家老西村定保(改久富)と妻壽の長男として青山の高木家下屋敷に生まれました。幼名は継太郎。 若年より柔術・剣術などの修業を積み、特に柔術では沼津藩の柔術指南役である戸塚派楊心流戸塚彦助の指導を受けたと伝えられ、元治元年(1864年)には中免許を授けられています。残されている『戸塚派揚心流初傳』には、楊心流の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/27 21:45
ブログを始めました。
ブログを始めました。 はじめまして 今日からブログを始めます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/29 23:15

トップへ | みんなの「丹南藩」ブログ

我が家の歴史  丹南藩のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる