柔術家 大竹森吉

柔術家 大竹森吉

幕末から明治中期かけて一派をなしていた柔術流派に戸塚派楊心流(楊心古流)がある。
旧沼津藩水野出羽守家の柔術指南役戸塚彦右衛門英澄が唱えた流派で、各藩旗本麾下の士が多く学んでいた。
楊心流は、三浦楊心を開祖とした流派で、古流柔術各派が乱立していた幕末期に一大勢力を誇っていたという。
その中の高弟の一人に大竹森吉がいる。

大竹森吉は、沼津藩の上士大竹儀八の長男として嘉永5年(1852年)に生まれた。実姉に都賀がいる。都賀は、始め子爵祐乗坊玄斎に嫁ぎ三子をもうけていたが故あって離別し、のちに弟森吉と同門であった西村定中に嫁ぎ一女豊をもうけている。(豊が私の祖母になる)

我が家にも森吉について逸話は、数多く残されている。しかし、彼自身についての基本資料が少なく、彼の人生を追うことはできずにいた。特に、森吉の幼少時や少年時の逸話は、一切残されていない。

しかし、僅かではあるが、いろいろな文献の中から彼の姿を見いだすことができる。

明治初期は、武術家として生計を立てることは困難な時代であり、著名な武術家が見世物的な興行により糊口を得ていたという。かく云う森吉もその一人であり、浅草奥山で飛び入り勝手の柔術興行を友人の柔術家起倒流奥田松五郎や天神真楊流の市川大八らと開催したと伝えられている。この時の逸話として、力士と柔術家の乱闘事件が伝わっているが、これには講道館の西郷四郎も加わっていたという。

明治16年、警視庁柔術世話掛りが創設され、多くの柔術家が柔術世話掛として警視庁や各警察署に奉職し巡査らの指導に当った。柔術家が再び必要な時代が訪れたのである。しかし、嘉納治五郎が創始した講道館柔道が台頭し、古流柔術と覇権を争うことになる。当時のことは、嘉納治五郎が半生を語った『嘉納治五郎 私の生涯と柔道』に、第五代警視総監三浦通庸が主催した明治18年からの「警視庁武術大会」についての記載があり、「古流柔術対講道館柔道」の試合の様子が書き残されている。当時、柔術界を代表する一派であった戸塚彦介が率いる戸塚派楊心流は、古流柔術を代表する立場であった。師範格であった森吉は、義兄西村定中とともに名を残している。西村の相手は、講道館の佐藤法賢だったと伝わっているが、残念ながら大竹の相手は言い残されていない。
この大会は、講道館側の勝利となり、それまでの柔術界を一変させた。
この勝利によって「講道館柔道」は警視庁の武術として採用され、古式柔術は衰退の一途を辿ることになる。
 
明治後期以降、森吉は安田財閥安田善之助の後援を受け日本橋浜町河岸に楊心流柔術と笹沼流(のちに大竹流)水術を指南する道場を構える。文豪芥川龍之介の随筆『追憶』に、「僕は中学で柔術を習った。それからまた浜町河岸の大竹という道場へもやはり寒稽古などに通ったものである。中学で習った柔術は何流だったか覚えていない。が、大竹の柔術は確か天真揚心流だった。」と書いている。
芥川のいう「天真楊心流」という流派の名は、他ではいまだ見つけられずにいる。
戸塚派楊心流は、彦介英俊のあとを彦九郎英美が継ぎ、「戸塚派楊心流」の名を彦介の遺言により「楊心流」に戻している。英美は、明治41年没し、森吉が楊心流を継承したとの言い伝えも残っているのだが、英美の没した年を考慮すると彦介の死後、森吉が独立して「天真揚心流」という流派を称したとも考えられる。

森吉については、浅草での力士との乱闘事件や彼の高弟の亀崎忠一の素行の悪さから、彼自身も無頼漢のように描かれることが多い。子孫としての弁護にはなるが、安田財閥の安田善之助の後援を受け、日本橋浜町に柔術と水術の道場を構え、門人三千名を超えたと伝えられている人物が、唯の無頼漢であるはずがない。
彼の清濁併せ呑む性格と多少山師的な言動が、世間に誤って言い伝えられたのであろう。
また、女性関係も華やかであったという。

晩年、見事に禿げ上がった頭に立派な髭を蓄え壮士然とした風貌であった。甥にあたる高野栄蔵の元にも、よく顔を出していたそうである。高野は、姉都賀と前夫玄斎とのあいだに生まれた次男で、高野家の養子となった人物である。日本橋住吉町に「住吉ビアホール」を開き地元の名士に数えられていた。
また、森吉は義兄西村の死後、一人残された豊の後見人となり、豊を本郷の茶商「三吉園」杉浦善助の次男杉浦忠兵衛に嫁がせている。ちなみに、豊と忠兵衛は当時としては珍しい恋愛結婚であったという。この縁には、やはり姉都賀と前夫玄斎とのあいだに生まれた長女まさ正が関係している。正の嫁ぎ先は、江戸七宝焼きの名工といわれた平塚茂兵衛の子金之助であり、金之助の姉糸が杉浦善助の妻であった。この様に大竹家と杉浦家、平塚家は強い縁に結ばれた家柄であった。
森吉のあと、大竹家を正の子である誠之助が継いでおり、義兄定中のあと、西村家を同じ正の子で誠之助の実兄敬が継いでいる。残念ながら敬は早世したため西村家は敬で断絶となった。

森吉が柔術界を引退したのは大正の末期である。彼の引退披露は、後援者安田財閥が主催し、隅田川の畔にある安田庭園で行われた。政財界、武道関係者等朝野の名士一万余人が出席し、頗る盛儀であったと云う。

昭和五年、森吉は七十八才で隠棲の地千葉県猪之鼻台(現在の県庁近く)市場町の浄土宗胤重寺の前方一千数百坪の敷地内の自邸で没した。

柔術家であり大竹流泳術の開祖大竹森吉の墓は、千葉市内日蓮宗本敬寺に現存する。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

しえみ
2014年08月22日 23:30
はじめまして。
ブログ、拝見させていただきました。

実は私の曽祖父が大竹誠之助です。
母の旧姓は平塚です。
祖父は大竹から平塚家に養子に出ています。

母と私で色々家系を遡っていたのですが、、、なかなか難しいですね。
祖父や大叔母は大竹家、平塚家の事をあまり話したがりません。

今回、こちらのブログで大竹森吉の事が書かれていたので、大変驚きました。
平塚家と大竹家の謎が解けていくようです。。。
西村定継
2014年08月23日 08:47
しえみ様へ 
はじめまして、大竹誠之助氏のご子孫とのこと、ご連絡いただき大変驚ろいております。大竹誠之助氏のことは、亡父より聞いておりました。父は、終戦後の一時期、誠之助氏の世田谷区上北沢のお宅にお世話になっていたようです。平塚茂兵衛氏の直系のご子孫の方とも懇意にしていただいており、西村(杉浦)家、大竹家、平塚家の御縁が再びつながったようにと思います。
追伸 このブログが御縁で高野栄蔵氏のご子孫の方からもご連絡をいただきました。
しえみ
2014年08月25日 08:23
西村さま

返信ありがとうございます。

早速母に確認してみました所、
'誠之助の家に誰だかは忘れてしまったが身を寄せていた'という話を聞いたことがあると言っていました。

事情があり、
母と祖父は平塚姓を名乗っていながら、つい最近まで平塚家のお墓を知りませんでした。
ずっと大竹森吉の墓のみだったのです。
それが、つい2年前にやっと鎌倉霊園にある平塚茂兵衛氏と茂氏のお墓まで辿り着きました。
今は実の曽祖父である誠之助のお墓を探している所です。

西村さまは誠之助のお墓の所在をご存知でしょうか??
西村定継
2014年08月25日 09:05
返信ありがとうございます。
残念ですが、誠之助氏のお墓については、情報を持ち合わせておりません。平塚家のお墓は、もともと浅草にあったそうで、何年(何十年)か前に、鎌倉霊園に移したそうです。その際、多くの骨壺がおさめられていたそうです。ご子孫の平塚さんに聞いて見ますね。

西村定継
2014年08月25日 09:54
しえみ 様
大竹森吉についてなのですが、森吉の父の儀八や沼津藩士としての大竹家についてなにかご存じありませんか。また、森吉は柔術家として戸塚派楊心流の系統を継いでいますが、楊心流についての資料は残されていませんでしょうか。いま、「文豪の芥川龍之介が森吉の弟子であった」ことについて芥川の研究者の方と調べています。何か伝わっていることがあれば、ご教授お願いいたします。
西村定継
2014年08月25日 09:54
しえみ 様
大竹森吉についてなのですが、森吉の父の儀八や沼津藩士としての大竹家についてなにかご存じありませんか。また、森吉は柔術家として戸塚派楊心流の系統を継いでいますが、楊心流についての資料は残されていませんでしょうか。いま、「文豪の芥川龍之介が森吉の弟子であった」ことについて芥川の研究者の方と調べています。何か伝わっていることがあれば、ご教授お願いいたします。
しえみ
2014年08月27日 00:48
こんばんは。

そうですか、誠之助のお墓はご存知ないですか、、、
平塚茂兵衛氏のご子息の方にお尋ねいただけるとのこと、大変感謝致します。
誠之助は曽祖母と別れた後に大磯に越していたようです。
大磯は平塚家由縁の土地でもあったそうなので、何かご存知でしたら嬉しいです。
西村さま、平塚さま、どうぞよろしくお願い致します。

大竹森吉関連の情報なのですが、、、
申し訳ありません、私も母もほとんど知らないのです。
大叔母でしたら何か知っているかもしれませんので、近々会って話を伺ってみます。

私と母が持ち合わせてる情報は、20年程前に発刊された'江戸っ子'という本に載っているくらいのものしかありません。
この'江戸っ子'という本は西村さまはご存知でしょうか?
'江戸っ子'を書かれた方が杉浦大輔氏となっているので、もしかしたら西村さまのお知り合いではないでしょうか?

有益な情報を提供できなくて、大変申し訳ございません。。。
西村定継
2014年08月27日 08:12
しえみ様 コメントありがとうございます。
誠之助様の墓所の件ですが、平塚茂兵衛氏のご子孫にお聞きしたところ、誠之助氏のお姉様になります道子様のご子孫から情報をいただきました。どうも平塚家と同じ鎌倉霊園にあり、平塚家の墓の近くだのことです。詳細は、個人情報につながりますので、メッセージにご連絡先をいただけれは返信差し上げます。交友のある縁戚の方々も、ご連絡をいただきましたことに驚きかつ喜んでいます。
なお、『江戸っ子』に寄稿した杉浦大輔は、私の父です。
西村定継は西村家の後継ぎとしての名で、ブログ名で使用しています。本名は杉浦眞樹です。
しえみ
2014年08月28日 09:23
西村様、おはようございます。

やはり杉浦大輔様は西村様のお父様でしたか。
母とそう話していたのです。

'江戸っ子'を読んだ時に、大叔母と母と大輔様に直接お話をお聞きしたいねと話していましたが叶いませんでした。

西村様にメッセージをしたいのですが、こちらのコメント以外でのメッセージ方法が分かりませんでした…。

西村様はFacebookをやられていますか??
昨日、Facebookの方からメッセージを送信させていただいたのでご確認していただけたら、と思います。

どうぞよろしくお願い致します。
カッパ
2016年07月29日 17:00
西村定継様
現在大竹森吉のことについて水泳史の立場から調査しているものですが、お父様が著述された『江戸っ子』の記事と加来耕三著述『日本格闘技おもしろ史話」に記載の水泳歴
と他に1件の森吉本人著の記述、明治期の運動関係雑誌に記載の道場状況程度しか手元情報がありません。例えば、関連写真や著述などが残されているのか知りたいと思っています。また、胤重寺や本敬寺にも参りました。本敬寺の墓石が新調されていて残念でした。過去の写真などはないのでしょうか?突然ながら不躾な質問をご寛恕ください。
ご教示のほどよろしくお願いいたします。  中森一郎
なお、小生メールアドレスですが、
nacap9425@ares.eonet.ne.jp
です。

この記事へのトラックバック